優良物件の多い軽井沢の不動産事情をつづります

内覧を行う

任意売却は中古物件を売却することと基本的には同じになります。
ですので今暮らしている家の買い手がつくまでは暮らすことができますが、もしも買い取り希望者が出た場合には内覧をしますのでそれに協力をしなければいけません。
協力というのは具体的にはどのようなことなのかというと、家をきれいに掃除をして家の見栄えよくするのです。
そのときにもしも中が散らかっていますと買い手がつかなくなってしまいます。
自分の運命のかかっていることですのでしっかりと掃除をしておくようにしてください。
ちなみに競売の場合にはこのような内覧などはありませんので協力をする必要はありませんが、退去も自分の都合で決めることができません。
一方的にこの日まで出て行くようにといわれてしまいます。
そのことを考えるとまだ内覧に協力をしてでもできるだけ長い間今の家に留まれるのがいいところなのです。
内覧の時にはできるだけ家具なども見やすい配置にしておくと印象がよくなります。

任意売却と言う選択肢

貴方が購入した家の住宅ローンが払えず滞納していると、融資元の金融機関から督促状が届きます。
この際に返済プランのリスケジューリングを行ったり、債権者債務者の間で何らかの合意があり、その後の返済が続けられれば問題はありません。
やはり払えず3ヶ月から半年支払いが滞ると、保証会社が住宅ローン残金を一括して金融機関に支払う代位弁済が行われます。
保証会社は債権回収のために、貴方の家の競売を裁判所に申し立て、強制処分により資金の回収をします。
競売が執行される前に、金融機関・保証会社・債権回収会社と貴方の間に、不動産業者が仲介し合意を取り付けます。
競売にかけられる物件を適正価格で売却する、これが任意売却です。
競売よりも有利な価格で売却が出来ること、売却先の同意があれば、賃貸契約を結ぶことでそのまま住み続けることもできます。
出て行かなければいけない場合でも、退去日は話し合いの上決められます。
また引越し費用も手元に残すことが出来ます。
住宅ローンが払えなくなったときはヤミ金などで資金を借りるより、任意売却をサポートする機関や会社へ相談してみましょう。