優良物件の多い軽井沢の不動産事情をつづります

失うものはあるのか

任意売却をするかどうかを決めるときに任意売却によって失うものがあるかどうかをちゃんと知ってから決めるのがいいと思います。
ちなみに失うものといえば家くらいのものです。
自己破産のように自分の名前が官報に掲載されるようなこともありません。
そして会社などに知らされることもありませんので安心してください。
ただ、滞納をしてからの任意売却は信用情報に掲載されてしまいますのでしばらくの間はお金を借りることができなくなります。
ですので家をローンによって購入することは難しくなるのです。
ただ、これは売却をするからこそのデメリットではありません。
滞納したことが原因で金融事故として掲載されますので競売の場合でも信用情報に掲載されるという意味では全く同じことです。
基本的には自己破産や競売に比べてデメリットが少ない方法となります。
自己破産を考えるくらいならまずは任意売却を検討してください。
破産するよりも売却をしてよかったという人は多く、失うものも少なく賢明な手段です。

マンションの任意売却のときのメリットについて

マンションの任意売却を行うときには大きなメリットがあります。
例えばローンの支払いを滞納している状態のときにはマンションの管理費や修繕の積み立ての費用などは当然余裕もありませんし支払うことができません。
ですのでローンと同じように滞納してしまうことがあります。
その場合、任意売却を行いますと売却益の中から修繕積立金や管理費の滞納分の費用の支払いをするのはなく、全て債権者のほうが支払いをしてくれるのです。
これは非常に助かるかと思います。
修繕費や管理費などは場合によってはかなりの金額になってしまうことも多いからです。
ただこの場合の債権者の負担はどれだけの滞納額などかによって多少違ってきます。
場合によっては全て支払ってもらえない可能性もありますが、少しでも支払ってもらえる分競売よりもメリットがあるのです。
競売の場合は全く支払ってもらうこと出来ません。
交渉次第ではかなり多く支払ってもらえるかもしれませんし、優秀な法律家に依頼して多く支払ってもらえるようにしてください。